お知らせ

経営支援

【動画解説】21世紀のすべてのビジネスはコンテンツビジネスになる【1分で読める小さな会社の販促極意②】

コンテンツを制する者がビジネスを制する時代

こんにちは、
「問題解決型」会計事務所
ソルト総合会計事務の伊藤博紀です。

少し前の話ですが
いま全国的にバズっている福岡の人気店
博多シーフード うお田~uoden~」さんに行ってきました。

いまや飲食店が
インスタ映え」から人気に火が付くのは
当たり前、むしろ必須条件とさえ言える世の中ですが

「うお田」さんも例外ではなく
私も1年前ほど前からチェックしていました。

情報技術の発達により
世の中のありとあらゆる情報をほぼコストゼロで
入手することが出来るようになった現在、

インターネットやSNSによって
他より魅力のある店舗の存在が拡散し、
人気が集中してしまうのは当然なのかもしれません。

「消費者購買行動」理論の
伝統的な1つであるAIDMA理論では
注意→興味→欲求→記憶→行動のステップで
消費者は購買行動を起こすとされていましたが

インターネットやSNSの登場で
このステップの「行動」段階の前後に
Search(検索)とShare(シェア・拡散)という
まったく新たな購買行動を生み出すことになり

注意→興味→検索→行動→シェアの
新しい消費者購買行動理論「AISAS」という
理論体系を生み出してしまうほどの衝撃です。

これからのビジネスは
望むと望まざるとに関わらず、
B to CだろうがB to Bだろうがお構いなしに
お客様と直接的な接点を持つ前に
魅力を伝えなければならないということ。

このことこそが
21世紀のビジネスは
すべてコンテンツマーケティングになる
」と言われる所以です。

しかし、
言い換えれば競争は激化、
市場はレッドオーシャン化し、

たとえば飲食店であれば
いかに戦略的に「インスタ映え」を想像し
お客様の興味や反応を掴めるかどうかは
生き残りのための最重要戦略とも言えるでしょう。

飲食店だけの話だけの話ではありません。
メーカーや工場向けの生産財を扱う商社でも、
法律・経済などの専門知識を商売にする士業でも

・自社の想い・理想
・競合他社との違い
・具体的な問題解決事例 などを

「言語化」「見える化」する必要があります。

たとえば
わがソルト総合会計でも
マーケティングの一環として
ホームページに様々なコンテンツを掲載しています。

↓↓ソルト総合会計事務所HP↓↓
https://salt-cpa.com/

要するに、
多くの業種・業態において
ビジネスモデルを転換しなければならない
タイミングに来ているのではないでしょうか?

現代は、
何かに挑戦して失敗するリスクより
何もしないリスクの方がはるかに大きい時代。

21世紀のビジネスの必須要件、
コンテンツマーケティングを制するために
御社のコンテンツを企画してみませんか?

ご相談があれば
伊藤までご相談ください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所
経営財務支援 伊藤 博紀

関連記事

経営支援

会社を設立する際「株式会社」か「合同会社」どちらがオススメ

経営支援

【第3回】ビジネスが生まれ変わるPREP話法【1分で読める小さな...

経営支援

会社設立で重要な事業計画書の作成ポイントとは?

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。