お知らせ

相続/事業承継

【動画解説】生前の相続税対策が重要な理由とは?

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
みなさんは生前の相続税対策がどのくらい重要なのか、把握されていらっしゃいますか?
今回は参考までに、生前の相続税対策が重要な理由をご説明します。

相続税対策が必要な理由

一般的に、3,600万円を超える資産を受け継ぐと相続税がかかるとされています。
資産には金融資産だけでなく土地や建物なども含まれているため、金融資産が少なければ手持ちの資金が足りなくなるかもしれません。
なかには、相続税を払うために、仕方なく今まで住んでいた住居を売って納税するといった悲惨なケースも少なくないのです。
このような悲劇を避けるためには、生前の相続税対策が欠かせません。
逆に言えば、相続税対策が万全であれば、節税の恩恵を十分に得られることにもつながるわけです。

生前から備える効果的な節税対策とは

相続税を限りなくゼロに近づけるためには、課税対象となる金額をなるべく減らしていく必要があります。
そのためにまず考えられるのが「生前贈与」です。
子や孫に財産を贈与する場合、年間110万円までであれば贈与税はかかりません
例えば贈与したい子や孫が5人いたとすれば、550万円が非課税で渡せることになります。
これを毎年続ければ課税対象の資産をより少なくすることができるでしょう。ただし、毎年同じ日にちに資金の移動が続いていると連年贈与とみなされ、一気に税率が上がる可能性があります。
他にも、子や孫への住宅資金の援助として贈与する場合は最大1,000万円まで非課税になる「住宅取得資金贈与」土地家屋の評価額を80%減額する「小規模宅地等の特例」などで相続対策することも可能です。

以上、生前の相続税対策について一部ご説明しました。
生前の相続対策は非常に大切なものですが、税金の知識がなければ太刀打ちできない分野でもあります。
節税効果を最大限に活かしたいと思うのであれば、専門家の力を借りることも有効な手段です。

当事務所では、相続発生前の方には「生前対策プラン」、発生している方には「相続税申告プラン」と、その方のご状況に合わせて最適なサービスを提供できるようプランを複数ご用意しております。
初回は無料で面談を行わせていただき、丁寧にご説明をいたしておりますので、相続に関するご相談で税理士をお探しの際は、山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】へお気軽にお問い合わせください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所 所長
公認会計士・税理士 山本 将之

EY新日本有限責任監査法人、株式会社YKプランニングを経て、2015年に山口県防府市にてソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)を開業。「スピードと情熱」「積極的な提案」を大切にし、中小企業の経営支援・課題解決に組織的に取り組んでいる。

関連記事

相続/事業承継

相続税が払えない場合はどうなるの?

相続/事業承継

事業承継税制とは?把握しておこう相続税対策

相続/事業承継

相続税申告はどういう人が対象?流れや期限についても解説

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。