お知らせ

経営支援

株式会社設立は社員1人でもできる?1人で設立するメリット・デメリット

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
会社設立をお考えの方の中には、1人で会社設立をしようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、株式会社設立は社員1人でもできるのか、1人で設立する際のメリットとデメリットを併せて紹介します。

株式会社設立は社員1人でもできる?

結論からお伝えすると、株式会社は社員1人でも設立することができます
2006年5月1日に会社法が施行されるまでは、株式会社を設立するためには「取締役3名以上」「監査役1名以上」が条件でしたが、会社法が施行されてからは「取締役1名以上」で株式会社を設立できるようになりました。
そのため、現在は他の役員や社員がいなくても、1人で株式会社を設立することができます

株式会社設立を社員1人でするメリット

株式会社を社員1人で設立するメリットの1つは、役員報酬の負担が少ないことです。
複数人で会社設立をする場合、発起人はそのまま取締役などの役員になるケースは少なくありません。
そのため、発起人の数が多いと役員の数も増え、結果的に役員報酬の負担も大きくなります。
しかし、1人で株式会社を設立すると、役員報酬の負担を軽減することができるのです。
特に、会社設立をしたばかりは利益が少ないケースも多いので、役員報酬の負担を軽減できることは大きなメリットと言えるでしょう。

株式会社設立を社員1人でするデメリット

株式会社を1人で設立する場合、登記や官庁などへの届出をはじめとする会社設立の手続きを1人で行わなければならず、多くの時間と手間がかかります。
また、資金繰りや会社の意思決定、重要事項の決定なども1人で行わなければなりません
そのため、設立後に問題が起こらないように、事前の準備を入念にしておくことが重要になります。
他にも、会社設立の手続きや資金繰りに関しては、税理士などの専門家に相談をすることで時間や手間を軽減できる可能性が高いです。

以上、今回は株式会社設立は社員1人でもできるのか、1人で設立する際のメリットとデメリットを併せて紹介しました。
株式会社を1人で設立する際のデメリットは、税理士に相談することで解決できる可能性が高いです。
そのため、会社設立をお考えの際は、一度当事務所にご相談ください。
当事務所は会社設立に力を入れており、設立後のサポートも行っております。
山口県防府市で会社設立をお考えの際は、お気軽に【ソルト総合会計事務所】までご相談ください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所 所長
公認会計士・税理士 山本 将之

EY新日本有限責任監査法人、株式会社YKプランニングを経て、2015年に山口県防府市にてソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)を開業。「スピードと情熱」「積極的な提案」を大切にし、中小企業の経営支援・課題解決に組織的に取り組んでいる。

関連記事

経営支援

金融機関から良い条件で資金調達するには

経営支援

会社設立時と後どっちが良い?税理士と顧問契約をするタイミング

経営支援

会社設立で重要な事業計画書の作成ポイントとは?

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。