お知らせ

会計/税務

税理士と顧問契約するメリットとは?

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
税理士にサポートを依頼する場合、スポットで依頼するケースと、顧問契約を結ぶケースがあります。
ただ、顧問契約することでどんなメリットがあるのか、きちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、税理士と顧問契約するメリットを3つピックアップして紹介します。

税理士と顧問契約するメリット

その1 節税についてアドバイスがもらえる

会社を経営していく上で、節税はしっかりと取り組まなければならない問題の一つです。
しかし、節税対策は様々な方法があるので、本来なら節税できたはずなのに見逃してしまう、逆に節税をやりすぎてペネルティを課せられるといったリスクも多く存在します。
しかし、税金のプロである税理士と顧問契約することで、そういったリスクを回避することができます。また、自社で実現しやすく、効果が高い節税対策を見極めてアドバイスをもらえるのも大きなメリットでしょう。

その2 経営者が本業に専念できる

経理・税務申告業務はとても複雑な業務なので、時間が取られやすい業務です。
しかし、税理士と顧問契約していない会社では、そういった経理・税務申告業務を経営者が担当していることが多いです。
しかし、経営者は経理・税務申告業務以外にも、営業活動など様々なことを行わなければなりません。
税理士と顧問契約することで、経理・税務申告業務を代行してくれるので、その分本業に専念できるでしょう。

その3 税務調査に安心して臨むことができる

税務の申告に疑問がある場合、税務署は任意で調査に入ることがあります
顧問税理士がいる場合は、税務調査の連絡がまずその税理士に行きます。
すると、事前の書類準備や調査当日の立会いなども対応してくれるので、時間や手間を省けるだけでなく、心理的負担からも解放されるでしょう。
また、税務署の言われるがまま税金を取られすぎてしまうリスクも回避できます。

以上、今回は税理士と顧問契約するメリットを3つピックアップして紹介しました。
顧問契約する税理士は誰でもいいわけではありません。
自分のニーズを明確にして、それに応えられる人を選ぶことが、なにより大事になります。
そのため、税理士と顧問契約をお考えの際は、一度税理士にご相談ください。
当事務所では税理士の顧問サービスを提供しており、会社に必要な周辺業務をワンストップでサービスできるよう、弁護士や司法書士、社労士など様々な専門家と連携しています。
防府市で税理士をお探しの際は、お気軽に【ソルト総合会計事務所】へお問い合わせください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所 所長
公認会計士・税理士 山本 将之

EY新日本有限責任監査法人、株式会社YKプランニングを経て、2015年に山口県防府市にてソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)を開業。「スピードと情熱」「積極的な提案」を大切にし、中小企業の経営支援・課題解決に組織的に取り組んでいる。

関連記事

会計/税務

<会社設立>消費税で損をしないためのポイント

会計/税務

適格請求書保存方式(インボイス制度)について①

会計/税務

300万円以下の副業収入は、青色申告できなくなる?

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。