お知らせ

会計/税務

個人事業主が会社を設立するメリットとは?

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
個人事業を行なっている方の中には、会社設立を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
事業が順調な場合、個人事業主として活動するよりも、会社設立を行うことで信頼や節税などの面で、さらに状況がよくなる場合があります。
今回は、個人事業主が会社設立をするメリットを3つピックアップして解説します。

個人事業主が会社設立をするメリット

①信頼がより得られる

会社設立を行うには、代表者の氏名や商号、本社所在地、資本金、役員などを記載した必要書類を法務局に提出し、登記する必要があります。
そのため、一般的に個人事業主より会社の方が信用を得られます
しかし、株式会社も資本金1円から設立できるようになったため、必ずしも会社の方が個人事業主より信用があるわけではありません
あくまでその人自身の能力や信頼の方が重要です。
とはいえ、同じ事業であれば、会社の方が信用面では有利であると言えるでしょう。
また、人材採用の面でも、会社の方が信頼獲得面で有利な場合が多いです

②節税できる

会社設立をする上で1番のメリットは、節税効果が高い点です
個人事業主が会社設立で法人化すると、所得税から法人税に課税される種類が変わります。
個人事業主の所得税は、所得が増えるほど課税が高くなる累進税率の課税です。
それに対して、法人税は利益が増えても、原則税率は一律です
そのため、売上が大きくなればなるほど法人税が有利になります。
他にも、会社設立をした場合、経費にできる費用が増えます。
個人事業主は売上から必要経費を差し引いた額が自分の所得です。
一方で、会社の場合、会社が社長に給与を支払う形になります。
役員報酬を含めて、給与としてもらう場合、会社の売上から必要経費を差し引いた残りの金額から、給与の一部も必要経費として所得から控除できるため、課税される所得を小さくすることが可能です。

③資金調達が行いやすい

事業を行う上で資金調達が必要な場面もあると思います。
そんな時も会社設立を行なった方がメリットが大きくなります。
金融機関などからの融資交渉において、個人事業主は融資条件が会社よりも一般的に厳しくなります
また、融資以外でも資金調達の幅が広くなります。
個人事業の場合、どうしても個人のお金と事業のお金の線引きが曖昧です。
しかし、法人の場合は、財産管理が徹底されているため、金融機関としてもどれくらいの資産を持っているのか明確で、融資の判断がしやすいです。
こうした条件が揃うことで、融資の可能性が広くなります。

以上、今回は個人事業主が会社設立をするメリットを、3つピックアップして解説しました。
会社設立を行うことで、今回解説したメリット以外にも多くのメリットがありますが、同時に義務や責任感が増えたり、ランニングコストがかかったりとデメリットも存在します。
そのため、会社設立を検討する場合、一度税理士に相談してみるといいでしょう。
当事務所は会社設立に力を入れており、依頼者様の理想に向けて一緒に問題解決を行なっていきます。 山口県防府市で会社設立をお考えの際には、お気軽に【ソルト総合会計事務所】までご相談ください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所 所長
公認会計士・税理士 山本 将之

EY新日本有限責任監査法人、株式会社YKプランニングを経て、2015年に山口県防府市にてソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)を開業。「スピードと情熱」「積極的な提案」を大切にし、中小企業の経営支援・課題解決に組織的に取り組んでいる。

関連記事

会計/税務

建物附属設備・構築物、定額法へ一本化

会計/税務

会社設立前の支出は経費になるの?設立前にやるべきこと3選。

会計/税務

適格請求書方式(インボイス制度)について②

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。