お知らせ

経営支援

会社を設立する際「株式会社」か「合同会社」どちらがオススメ

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
会社を設立する際に決めることの一つに「会社形態」があります。
大体の方は「株式会社」「合同会社」で悩まれることが多いのですが、果たしてどちらが良いのでしょうか?
今回は会社形態で悩まれている方に参考にしていただけるよう、株式会社と合同会社の違いやそれぞれに適した事業について、一部ピックアップして解説します。

株式会社と合同会社の違いとは?

株式会社

株式会社は、株式を発行することによって資金を調達している会社です。
経営者と出資者が異なっていてもよく、経営者も出資することができます。
株を持っている人を株主と呼び、持っている株の金額分だけの責任を負うので、資金が集まりやすいというメリットがあります。
認知度も高く、合同会社よりも多くの法によって規制されているので信用度も高いです。
一方で、設立費用が高く決算公告の義務もあります。

合同会社

合同会社は、2006年施行の会社法でできた比較的新しい会社形態です。
経営者と出資者が同一なので、出資者イコール社員です
1人でも設立が可能で、出資比率に関係なく利益の配分ができるなど、経営の自由度が高くなります。
設立の費用が安く決算公告の義務がないなどのメリットがある反面、社会的認知度が低いというデメリットがあります。

それぞれの会社形態に適した事業とは?

合同会社

合同会社は意思決定がすみやかで経営の自由度も高いので、小規模の会社や個人事業主から会社を始める場合などには大きな恩恵があります。
会社の形態を気にしない、一般消費者向けのビジネスにも最適です。
具体的にはITサービスやペットショップ、学習塾やカフェなどに向いています。
海外ではLimited Liability Company(LLC)として認知度が高いので、海外との取引が多い会社にもよいでしょう。
AppleやGoogleの日本法人も合同会社です。

株式会社

規模の大きな会社や将来的に規模を拡張する予定なら、業種に関わらず信用度や認知度が高く資金を集めやすい株式会社が適切です。
人材募集や金融機関の融資が有利になるなどのメリットがあるので、どちらか決められない場合は株式会社を選びましょう

会社設立の手続きは税理士へ相談を

会社を設立する際には、株式会社も合同会社も定款を作成したり法務局へ登記したりする必要があります
さらに会社設立後には、税務署などに多くの届け出をしなければなりません。
専門家に依頼すると、漏れなく容易に会社設立手続きを進めることができるようになります。
当事務所では、会社設立の手続き相談サービスも行っており、初回のご相談は無料で承っております。
経営者のベストパートナーとして依頼者様が相談しやすく、話しやすくなるように心がけておりますので、防府市で税理士をお探しの際はお気軽に【ソルト総合会計事務所】へお問い合わせください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所 所長
公認会計士・税理士 山本 将之

EY新日本有限責任監査法人、株式会社YKプランニングを経て、2015年に山口県防府市にてソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)を開業。「スピードと情熱」「積極的な提案」を大切にし、中小企業の経営支援・課題解決に組織的に取り組んでいる。

関連記事

経営支援

新創業融資制度って何?審査に落ちないためのポイントも紹介

経営支援

資本金はいくらにすべき?決める際のポイントをご紹介

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。