お知らせ

経営支援

借金があると融資を受けられない?審査時の注意事項も解説

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
会社設立する上で資金の確保は必要不可欠です。
起業をする際に創業融資を受けたいと考えているが、借金がある場合はそもそも融資を受けることができるのか疑問に思われている方もいらっしゃるでしょう。
結論、借金があっても創業融資を受けることは可能ですが、借金の仕方や金額次第では、創業融資を受けることが難しくなるケースもあります。
今回はこの理由と、審査時の注意事項を一部解説します。

創業融資の審査で不利に働く借金

創業融資は低金利で利用できる事業融資として有名です。
しかし低金利である反面、審査では返済能力を精査されます
例えばローンの利用があると、必然的に毎月の支払いが発生するので、自由に使えるお金は少なくなります。
創業融資を利用しても返済資金を十分に確保できない可能性があるので、審査ではマイナスに働いてしまうのです。
例えば、キャッシングやカードローンから多額の借入れをしているクレジットカードのリボ払いで毎月高額の支払いをしている、といった状況にあるなら要注意でしょう。

これらの借金があるから絶対に創業融資を受けられないわけではありませんが、借金がない人と比べて不利になるのは確かです。
多目的ローンやカードのリボ払いを利用している人は、生活資金に逼迫していると判断されるからです。
また、創業融資の審査においては、銀行口座をチェックされる可能性があります
ここで無理な借入れをしている、家計の収支に問題がある、などと判断されると融資が行われない確率が高くなるので注意しましょう。

注意:借金に関する嘘はつかないこと

創業融資の審査において、住宅ローンや自動車ローンなどの借金はあまり影響しません
住宅や自動車そのものに担保価値があることが大きいです。
ただし借金の返済が遅れている状況ですと、審査で不利に働くので注意しましょう。
延滞をしたことは一度もないと嘘をついても、信用情報機関に情報開示請求をされればバレてしまいます。
創業融資の審査においてやってはいけないのは嘘をつくことです
キャッシングやカードローンの利用をしているかどうか聞かれた場合も、正直に答えることが大切です。
結局のところ創業融資の審査は、総合的な返済能力を精査される内容となっています。
審査に通過できるかどうか悩んでいる方は、税理士に相談してみましょう。

当事務所では、会社設立のサポートはもちろん、お客様の現在の状況を把握し、経営計画の打ち合わせ、資金繰りの相談等を実施しながら、融資・銀行交渉のサポートも実施します。
会社設立や創業融資等でお悩みの際は、防府市の【ソルト総合会計事務所】へお気軽にお問い合わせください。

コラム監修者紹介

ソルト総合会計事務所 所長
公認会計士・税理士 山本 将之

EY新日本有限責任監査法人、株式会社YKプランニングを経て、2015年に山口県防府市にてソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)を開業。「スピードと情熱」「積極的な提案」を大切にし、中小企業の経営支援・課題解決に組織的に取り組んでいる。

関連記事

経営支援

資本金はいくらにすべき?決める際のポイントをご紹介

経営支援

理想的な売上と利益のバランス

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。