お知らせ

経営支援

会社設立時と後どっちが良い?税理士と顧問契約をするタイミング

山口県防府市の【ソルト総合会計事務所】です。
これから会社設立をしようとしている方で、税理士との顧問契約をいつすべきか、悩まれている方はいらっしゃいませんか?

会社設立をするタイミングに合わせて契約をするべきなのか、事業がある程度軌道にのってからの契約でも大丈夫なのか、初めて会社設立をする場合はわからないことも多いですよね。

人によって様々意見はあると思いますが、税務知識の豊富な社員を雇う場合で無ければ、設立時に税理士と契約を結んでおくとよいでしょう。
疑問に思われる方もいらっしゃると思うので、設立時に税理士と顧問契約をしておくメリットを一部ピックアップして解説します。

会社設立時に税理士と顧問契約をしておくメリット

1.面倒で手間のかかる業務を正確に代行をしてもらえる

記帳代行や給与計算等の会計業務は会社を経営する上で大切な仕事ですが、直接利益を生む仕事ではありません。
その為、なるべく時間を費やしたくない考える人も多いでしょう。
特に会社設立時は色々とやる事が立て込んでおり、非常に忙しいです。

しかし、税務に関してはきちんと行わないとペナルティもある為、正確にやらなければなりません。
そんな時に面倒で手間のかかる業務を税理士が対応してくれれば、空いた時間は本来の業務に時間をあてる事ができ、負担も軽減することができるでしょう。

2.税に関するアドバイスを受ける事が出来る

自分達だけで税務の事をやるのは非常に大変です。
何故なら専門的な知識が必要だからです。
そこで税理士に相談すれば、法律に基づいた正確な知識により、明確なアドバイスをしてくれます。
その為ミスをする事無く、税務処理をする事が出来るというのは、会社を経営する上でも大きなメリットとなるでしょう。

また税理士は税に関するプロなので、節税に関しても色々アドバイスをしてくれます。
その為会社設立時から節税の正しい知識を得る事が出来、安心して利益を伸ばしていく事が出来るというのも大きな魅力です。

3.弁護士や行政書士等の他士業を紹介してもらえる

税理士は税に関するプロではありますが、法律に関わるトラブルの解決や登記、認可申請等は行う事が出来ません。

しかし税理士は弁護士や行政書士等、他の士業とつながっている事も多く、信頼出来るプロを紹介してもらう事が出来る可能性が高い点もメリットと言えるでしょう。

当事務所でも税理士の顧問サービスを提供しており、会社に必要な周辺業務をワンストップでサービスできるよう、弁護士や司法書士、社労士など様々な専門家と連携しています。
当事務所に相談いただければスムーズに解決できるようにお手伝いしており、会社設立の手続き代行も承っておりますので、防府市で税理士をお探しの際はお気軽に【ソルト総合会計事務所】へお問い合わせください。

関連記事

経営支援

中小企業投資育成制度の活用について

経営支援

資本金はいくらにすべき?決める際のポイントをご紹介

経営支援

定価1万円の商品(粗利率20%)を700円値引きした場合、1.5...

初回無料相談実施中!

詳しいサービス内容やお見積りを提示させていただきますので、お気軽にご相談ください。